ロールシャッハテストとは? 前編

  • インクのシミ

ロールシャッハテストとは、別名「インクのシミのテスト」とも呼ばれます。

テストで用いられる図形がインクのシミのようなのが由来です。

ちなみに本当にインクを垂らして乾かないうちに紙を半分に折り、

ついたシミで図形を作ったので「シミのような」ではなく「シミそのもの」です。

 

ロールシャッハテストは投影法と呼ばれる心理テストのひとつです。

投影法とは、その人が図形を見て感想を抱く時、自分の内心を投影しているのだという説に基づくものです。

花を見て「きれいだな」と思う人も「ミツを求めて虫が来そう」と思う人も、

反応は千差万別ですが、それは心の内面を花に投影しているからです。

ロールシャッハテストはそういった投影法のテストの代表的なもので、発明された1920年頃から今まで広く使われています。

職業適性診断や免許取得時の適性診断にも採用されていて、就職試験などでも取り入れられています。

では、実際にどういうものか見ていきましょう。

 

  • やってみよう

ロールシャッハテストは10枚の図形カードを用いて行われます。

10枚全部の画像はあまりにもたくさんですので、

ネット上でできる無料診断テストなどでは4~5枚程度の画像が用いられるようです。

 

1枚だけ、試しにやってみましょう。

 

こんな画像を見せられ、「何に見えるか」「どの部分がそう見えたのか?」ということを答えていきます。

正解や不正解はないので、直感で自由に答えてもらって構いません。

絵全体でなく、画像の一部を切り取って「ここがこう見える」というのでも大丈夫です。

ちなみに、この画像だと「黒い服を着て向かい合った男の人」とか真ん中の赤いシミが「リボン」「チョウ」とか、

「端っこのインクの垂れが血に見える」とか「子宮」とか色々あります。

もちろんその他の見え方をしても全然問題はありません。

「こんな風に見えている自分は頭の病気なんじゃないか?」と不安になるかもしれませんが、

正解はないのでどんな見え方をしていても大丈夫ですよ。

「特に何も見えない」という人は、画像を縦にしたり逆さにしたりしてみてください。

画像はこの向きで貼りましたが、実は天地がないので逆さまにしてもOKです。

 

逆さにしてみました。何か見えましたか?

 

こういう風に、様々な図形を見て、それが何に見えるかと答えていくのがロールシャッハテストです。

被験者が答えた内容を整理し、統計化することで診断結果が抽出されます。

気になる方は「ロールシャッハテスト 無料診断」などで調べてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*